ブログ


【アグリスリー遠征】

今回が、FaVoとしても本格的な農作業としても初めての経験でした。

午前中は雨が降っていたので、ビニールハウスの中でミニトマトの芽かきをしまし、お昼は併設されたカフェでアグリスリーの方とお話をしながら梨カレーをご馳走になりました。初めての梨カレーはもちろん、ジャムやドレッシングにもこだわりっていて、とても美味しかったです。

午後も引き続きミニトマトの芽かきを行いました。午前中に芽かきをしたハウスのミニトマトとは違う栽培方法をしているハウスで行い、作業効率の違いを体感しておもしろいと思いました。

芽かきのあとは雨があがっていたので、梨園を見学し、 梨の収穫を間近で見させていただきました。みのり園の梨栽培のこだわりを聞き、それまではあまり梨について詳しくありませんでしたが、梨の奥深さを知ることができました。

今回の遠征ではアグリスリーさんの清潔さが印象的で、これまで抱いていた農業のイメージが良い意味で覆されました。
また、農業に関していろいろなお話を聞くことができて、とても貴重な体験になりました。ありがとうございました。
慶應大学 1年 川崎和佳子

続きを読む

【山形遠征】

山形県鶴岡市に遠征に来ています。二日目が終わり、明日が最終日です。

 

昨日と本日は小野寺農園さんにお世話になりました。

小野寺農園さんは有機栽培をしており、土づくりにこだわりを持って栽培されていることが伝わって来ました。今回は、枝豆の脱さやと選別、袋詰めの作業を手伝わせていただきました。収穫は5時から手作業で行い、袋詰めが終わるまで作業します。私たちは脱さやから参加し、私は選別作業を担当しました。虫に食べられた枝豆は虫食いが中まで到達している可能性があるため全て取り除かなければならず、かなり目と判断力を使いました。また、虫食いと黒い傷が似ており、作業の難しさを感じました。

 

枝豆の作業場の近くには小野寺農園さんが行っている農家レストランや宿泊施設があり、そこでは食に対する熱い想いを語っていただきました。山形や鶴岡、地方、世界それぞれにおける食のあり方や今後どのような方向に進んでいくのかなどたくさんの知識と考え方を教えていただきました。今回いただいた刺激を今後に活かしていきたいと感じました。いただいたお料理はどれも美味しいだけでなく、素材の良さを活かしつつ刺激のある料理で食べていて楽しかったです。

 

本日までは有機栽培を行い、JAとは異なる出荷ルートを持つ小野寺農園さんにお世話になっていましたが、明日からはJAに出荷をしている農家さんにお世話になります。明日の作業開始は5時からで、収穫作業から体験できるため、ワクワクしています。

 

観光は加茂水族館や羽黒山、野菜博物館などに行きました。水族館でクラゲラーメンを食べた後に見たクラゲは格別でした。羽黒山は石段を登り頂上まで行きました。何度も急な坂があり、心が折れかかりましたが頂上に着いた時の達成感は素晴らしかったです。

 

初めての山形遠征で思い通りにいかないところが多く反省点が多いですが、来てくれたメンバーや友人、協力していただいた小野寺農園さんや小野寺さん、農家さんや家族に感謝します。気が向いたら第二回山形遠征も企画します!

 

慶應義塾大学三年 菅原彩華

続きを読む

【やぎ農園】

念願の!やぎ農園さんにお邪魔してきました🌱
「農家が田んぼや畑を綺麗に手入れをしているから、都会から来た人を癒すことができる」を体感しました。🐸
直樹さんも幸枝さんも本当に素敵な方であんな生活してみたいなという暮らしをされていました。

直樹さん、幸枝さん、やぎ農園さんで1年研修をされている方、移住をした方とからちゃん、あかりちゃんと一緒に作業をしました。さつまいもと大豆の除草を行いました🍠

さつまいもの除草を行なった畑は戦争中、特攻隊の滑走路にもなっているところだったそうで、今でもその石が残っているのを拝見しました。普通の畑だった生活空間を恐ろしいものに変えたのだと思うと怖くなりました。ちょうど3日前が終戦記念日だったこともあり、これを保存するのも自分たちの役割と話していた直樹さんが印象に残っています。

お昼ごはんはどれもとっても美味しくて、幸せでした🌈5月に田植えを手伝ったそうで、田んぼのザリガニの被害やザリガニが美味しいお話を伺って驚きました😳味が濃いらしいです!今度はぜひ食べてみたいです🦐
また、ゆっくり行きたいな♡

2019.8.18
東京農業大学4年 岩本 真奈

続きを読む

【KENJAYA 6th Anniversary】

参加して、短い時間ではありましたが様々な分野の企業、学生団体とお互いの理念・活動内容などを共有し交流をすることができました。私は6代目代表の茂木さんがFaVoの説明をしている隣で聞いているだけでしたが、FaVoを相手に伝える茂木さんの姿勢や聞き手の反応の様子などを見て色々学ぶことがありました。また、同じ世代で分野が違えど大きな目標を持って活動している団体も多く刺激をもらいました。農業とは違う分野と関われたら、FaVoはより楽しい団体ななれるのではないかと思いました。
東京農業大学 2年 中尾 康

続きを読む

【沼田遠征 2】

ここ数年の6月一番の楽しみの沼田遠征、
やっぱり楽しかったです

私は3年目というのもあり、大根の作業は体が覚えてたので、早くたくさん収穫できて楽しかったです😊
雨予報もほとんど小雨で収まり、大根の収穫、運び、トウモロコシの播種など様々な農作業できました

私は、農大生は大根の収穫作業を一度はやるべきだと思ってます。農大はあんなに大根押しだけど、農大生は大根がどうやって作られて出荷にされるのか知らない人が多いと思います。私も実際にやるまでどんな作業か全然知らなかったので、こんなに重くて運んだり洗ったり手間がかかるんだと最初は驚きました、
北海道は機械で収穫できるけど、ここみたいに人が収穫して運んで洗ってってやっているところも多いと思います。そうやって大根は私達のもとに届いているんだって、そうした大根を収穫祭で配っているんだって認識するだけでも違うと思います。
本当に大変だけどやりがいが感じられて農作業の中でも大根は経験する価値がすごくあると思うし、私は大好きです!
また、自分で収穫した大根で、畑で大根踊りをする瞬間、農大生としての自覚がすごく芽生えます💫(笑)

そして、清七さん。
毎回会うたびに、やっていることがカッコイイなと思います。議員活動が忙しくて中々畑に出れないけど、その議員活動でちゃんと農業を良くしているのは本当にすごいなと思います。
これから加工場を作って新しく六次産業に挑戦するという話を聞いて、やろうと思ったらなんでも出来るというのを改めて感じました。
農作業、経営、政治、色々なことに精通している清七さんとお話出来るのが、この沼田遠征で一番タメになることです。
百姓の清七さんをとても尊敬しています。

本当に楽しくて、貴重な経験をありがとうございました。
美味しいご飯をありがとうございました。
毎日温泉入れて、みんなで語り合って、作業して、本当に楽しかったです。
FaVoの遠征の中で、特にこの沼田遠征が私は大好きでした!
これで最後にならないように、これから私も農業を頑張ります🌱

東京農業大学 四年 田村 沙恵子

続きを読む