ブログ


【4/30~5/3 momofarm遠征】

4/30~5/1、5/2~3で2班に分かれて行きました!

今回訪問させていただいたmomofarmさんは15代続く米農家で、生産したお米をそのまま出荷する他、米粉に加工してスイーツに利用するなど、様々な取り組みをされていました。

田植えでは苗を田植え機にセッティングしたり、田植え機を操縦したりなど機械を使っての田植えの仕方を体験させていただきました。

momofarmさんでの田植えの他に、yozefarmさんではアスパラガスの収穫体験、那須野ヶ原ファームさんでは圃場の見学もさせていただきました。

2班に別れた関係で、滞在させていただいたのは2日間と非常に短い期間でしたが、とても充実した濃い2日間を過ごすことができました!
個人的には初めての体験ばかりだったので、とても新鮮で楽しかったです!
ありがとうございました!

東京農業大学 3年
岩田桃佳

続きを読む

栃木県大田原市 momofarm 4月30日〜5月1日

テレビや大学の講義で農業に対するたくさんの問題点を知り、実際に現場に行って問題点ばかりではなく、もっと農業の良さを知りたいと思い今回参加させていただきました。

初日に行った那須野が原ファームでは、”農作物に対してもっとリスペクトするべき””常識にとらわれてはいけない”という言葉がとても心に響きました。
私達消費者は、野菜を購入する際にほとんど価格や見た目で判断しているように感じます。
コモディティ商品なので仕方がないことなのかもしれません。でも、生産者は無農薬で作ったり長年の勘や失敗を頼りに野菜の特性を見つけ、いかに常識にとらわれずに周りとの差別化を図るかを考えて生産しています。消費者はそういった生産者の苦労や背景を知らなさすぎるのではないかと感じました。だからもっと野菜1つにしても価格や見た目だけでなく、生産者の紹介のコーナーなども見て、背景などを考えながら購入するようにしたいと思いました。
2日目は田植えを体験させていただきました。
晴れた空の下に広がる田んぼは絶景でした。
私は小さい時実際に田植えをしたことがあってその時は手作業でやったので、田植え=手作業=きつい=汚れるというイメージが定着していたのですが、今回は農機を使っての体験だったのでイメージが180°変わりました。また、田植えの作業には近所の農家さんも手伝いにこられており、都心部では普段感じることができない地域の繋がりを深く感じました。
自然から直接、物を生産するという農業ならではのやりがいがあるからなのか、農家の方々は、自分の仕事に誇りを持ち、何より心の底から農業が好きでやっているように感じました。
今回の遠征を経て、単純に勉強不足を痛感しました。もっと農業に対して知識を持って現場に行ったらまた違った視点で感じるものがあると思うので、次の遠征に向けてしっかり準備したいと思います。

 

2年 高梨 駿

続きを読む

栃木県大田原市 momofarm

田植え機に乗って田植えが出来たこと、西岡さんや他の農家さんの話を直接聞けたことがとても楽しかったです。

西岡さんやkabacoさんから米粉について色々なことを教えて頂けたこともとても良い学びになりました。

事前にお米や野菜に関することを調べ、知識を得てからいくことでもう少し深い学びが出来たのではないかと感じました。
今回はただ田んぼに行ってみたいという思いだけで行ってしまったので特に目的を持たずに参加してしまいました。次からはしっかり目的を明確にしてから望もうと思います!

今回お米に関する様々なことを知ることができました。
まずはその美味しさを伝え、今食べているものが誰がどのように作っているか関心を持ってもらえるような活動をしたいです。まずは文化祭に向けて米粉のスイーツを、考えたいです☺️☺️

 

3年 野村弥生

続きを読む

FaVo ベジアーツ遠征

今回、私は初めてのベジアーツ遠征でした。
3日間で行った作業は、レタス・リーフレタス・サニーレタスの定植でした。自分の植えたレタスが3ヶ月ほどかけてどのように育つのか、とても楽しみな反面、うまく育つかどうかの不安を感じ、農家さんの気持ちにほんのわずか知ることが出来ました。このような気持ちで野菜と向き合ったことはこれまでになく、とても貴重な農業体験でした。

"農業の体験"を実際に畑で朝から夕方までさせていただけることは本当に貴重なことで、
希少なことだと思います。
また、ベジアーツで会社という新しい農業の形を五感で学ぶことができ、30代のバリバリ働く農家さんたちのファンにもなりました。
私も将来、ファンの出来るような、自主的な働き方をしたいと思いました。
夏の収穫もチャンスがあれば行きたいです!

 

東京農業大学 3年 染谷 香里

-----

私は、今回が久しぶりの遠征でしたが、ベジアーツの皆さんの仕事への熱意を感じ、私もパワーをいただきました。
私は4月から4年生ということで、食や農業にかかわる仕事がしたいと思い、進路を模索しているところでありますが、実際に農業を生業とされている方の働きっぷりを間近に感じると、いろいろなことを考えさせられます。今後の参考にさせていただきたいと思います。

また、今回の遠征は次世代のFaVoを担う後輩たちのおかげで実現しました。今後もがんばって🔥

東京大学 藤原 崚

続きを読む

宇都宮研修

 

今回初のファボの研修に参加させてもらいました。
研修先は宇都宮市叶谷町で無農薬で少量多種の野菜や果樹を育てている、宮本暢常さんの「農人たち」にお邪魔しました。
宮本さんはもともとIT企業に勤めていた経験があり、8年前に農家になりました。
前職の経験を活かし、様々なジャンルの企業と提携し農家という枠をこえて、多種多様な方面に力を入れています。自分がお邪魔してる間だけでも3、4件ほど企業案件の話し合いをしていて、自分の思ってる農家じゃない笑と驚かされました。
最近の農業は、個人で6次化する農家が大体ですが、宮本さんの場合はそれを様々な企業と提携して行っており、今までにない農業の在り方だなと思いました。
2日間という短い時間でしたが、自分の思う農業と違いすぎてずっと驚きっぱなしでしたし、個人で6次化するのではなく企業と協力して6次化に展開していくという手法がとても素敵だなと思いました。

 

東京農業大学1年西岡 裕登

続きを読む